手軽に始める不動産投資|自分の手で明日を変える|収益物件がお勧め
ウーマン

手軽に始める不動産投資

積木とそろばん

長期的なプランを立てる

ワンルームマンション投資は頭金ゼロでも始められ、月々の費用も少額で済むため、初心者にも人気の高い不動産投資です。ただしマンション投資で確実に利益を上げるためには、出口戦略にも注意する必要があります。新築ワンルームマンションは家賃が高く、高利回りを期待できる上に、節税対策にもなるというメリットがあります。しかし新築のプレミアが得られるのは数年だけで、入居者が変われば家賃は下がります。節税対策ができるのも最初のうちに限られます。また新築マンションは購入価格が割高な一方、売却するときは普通の中古価格になります。このようにマンション投資を行なう際には、短期的な利回りだけでなく、数年後・数十年後を見越してプランを立てることが大切です。

高利回りが魅力

ワンルームマンション投資には空室リスクや滞納リスクもありますが、それでも利回りの高さは大きな魅力と言えます。銀行預金に比べれば数十倍以上の利息が期待でき、老後の備えとしても有望です。面倒な管理や入居者との交渉は、管理会社に任せることができるため、サラリーマンの副業にも好都合です。自分で管理をするのは大変ですが、その気があれば手数料の節約になります。日本では人口減少とともに空き家の増加が問題になっていますが、都市部には反対に人口が集中しているため、今後もワンルームマンションへの需要はなくならないと考えられます。現在では物件選びから確定申告のサポートまで、簡単に利用できるマンション投資サービスが揃っています。